• ホーム
  • 会社案内
  • お買い物ガイド
  • よくあるご質問
  • 会員登録
  • 会員ログイン
FL40W冷陰極管蛍光ランプFHF63FKバッテリーFHF32FLR40S飛散防止形蛍光灯

■ 【重要】西日本を中心とした大雨の影響による、お荷物のお届け遅延について(ヤマト運輸)

■ 【重要】ご利用可能なクレジットカード変更のご案内(6/28〜)

パナソニック蛍光管が期間限定で最大8%OFF! 【当店人気No.1】FHF63 パナソニック G-Hf蛍光灯特集【只今8%引きセール開催中!】 【オーム電機】LEDフィラメント電球【クリア/ホワイト】
アイリスオーヤマ 各種LED特集
【格安商品!】 オーム電機 各種LED電球 特集
【グロースターター器具 工事不要】オーム電機 直管LEDランプ 格安セール!

商品検索

例:「fhf63en-ga

「○○ 代替」

オノライティング 格安ダイクロハロゲンランプ型LED電球

オーム電機 T形/D形 LED電球 【EFD10 / EFD15 / EFD25代替品】

【6個セット販売】オーム電機 一般型全方向配光LED電球 (約260°)

新規会員登録

お客様の声

商品出荷レポート

(有)ランプサービス各サイトより出荷

最新のご注文状況

ご注文いただき有難うございました。

大口のご注文 ご相談ください!!
お見積もり依頼

非常灯・誘導灯とは

特集ページ一覧

即納対応FKバッテリー
この商品は即納対応をしている製品です。
即納可能数量は各商品ページに
記載してありますのでご覧下さい。

Twitter

facebook

営業カレンダー

平日 9:00〜18:00
祝日定休
その他赤文字表示日休業

非常用照明器具(非常灯)・誘導灯 特集 【誘導灯について】

非常照明(非常灯)・誘導灯特集

非常灯・誘導灯とは 非常用照明について 誘導灯について

1.誘導灯について

●誘導灯
誘導灯

避難経路の案内をする灯りです。
避難口誘導灯・通路誘導灯(室内・廊下・階段・傾斜路)・客席誘導灯などがあります。消防法では、停電時でも20分以上〜60分照度(※)を保って点灯するものであることが義務付けられています。

2.耐用年数

バッテリーだけでなく、器具本体にも寿命があります。
二度目の電池交換の際は、器具寿命も合わせてご確認ください。
器具本体の耐用年限は標準条件で使用した場合、約 12年といわれています。

器具の種類 適正交換時期 耐用の限度
電池内蔵型 8~10年 12年
電源別置型 8~10年 15年
専用型 8~10年 15年

※専用型とは電池内蔵型器具で、常時消灯・非常時点灯の器具を指します。(一社)日本照明工業会 ガイド108-2003

器具の種類 寿命
蓄電池(バッテリー) 4〜6年
誘導灯表示板 6〜10年

【認定マークの色による交換時期の見方】

マーク 製造年月日 交換時期の目安
1975年2月~
1982年3月
器具ごと交換をおすすめします。
1982年4月~
1989年3月
1989年4月~
1996年3月
1996年4月~
2002年3月
2002年4月~
2005年3月
2005年4月~
2011年3月
蓄電池(バッテリー) の寿命は4~6年 が目安です。
2011年4月~2013年3月 定期的に点検、診断を行って ください。
2013年4月~

【認定マークの色による交換時期の見方】

登録認定期間 製造年月日 交換時期の目安
1970年~
2001年5月
器具ごと交換を
おすすめします。
2001年6月~
2012年3月
蓄電池(バッテリー) の寿命は
4~6年 が目安です。
2012年4月~
2013年3月
定期的に点検、診断を
行ってください。
2013年4月~

3.簡易点検方法

簡易点検方法手順

点検スイッチの紐を引く、または点検スイッチを押します。
点いた 点かない・すぐ消えてしまう
正常です バッテリーの交換など、対処が必要です

●点検例
点検例

※画像は一例です。ご使用の器具の取扱説明をご覧ください。

4.誘導灯電池交換方法

【お読みください】
凡例をあげています。
実際の作業は各製造会社の作業手順に従ってください。
交換する電池は純正品をご用意ください。
ご自身での電池の交換に生じた不具合について、当社は一切の責任を負いません。

STEP.1 STEP.2 STEP.3 STEP.4 STEP.5
側面のカバーを取り外し、誘導灯パネルを取り外します。 電池固定金具を取り外します。 電池を取り外します。 新しい電池を取り付けます。 電池固定金具を取り付けます。

※メンテナンスの手間を減らすため、同時にランプの交換をおすすめします。

STEP.6 STEP.7
誘導灯パネルを取り付け、側面のカバーを取り付けます。 48時間以上充電させてから点検します。画像は一例です。ご使用の誘導灯の取り扱いに沿ってご点検ください。

5.リニューアルプレート取付方法

リニューアルプレートで、取り外した器具の跡をきれいに隠します。

●天井直付型誘導灯の場合

天井直付型誘導灯の場合

●壁直付型誘導灯の場合

壁直付型誘導灯の場合

※画像は一例です。実際の作業は、各製造会社の案内に従ってください。

6.誘導灯の区分変更と各区分に適合する誘導灯

従来の区分 新区分
避難口 室内通路 廊下通路 避難口 通路
大型 大型 A級 A級
中型 中型 大型 B級 B級
小型 小型 中型 C級 C級

●新区分の条件

”充板の縦寸法
表示面の面積×平均輝度
I充面平均輝度

●各区分に適合する誘導灯

誘導灯は消防法施行規則第28条の3及び消防予第245号(平成11年9月21日)に基づき、A級~C級に区別されています。

等級 適合する誘導灯
避難口誘導灯 通路誘導灯(階段に設けるものを除く)
高輝度誘導灯 従来形誘導灯 高輝度誘導灯 従来形誘導灯
A級

高輝度誘導灯40形

大形誘導灯(40形×2タイプ)

高輝度誘導灯40形

大形誘導灯(40形×2タイプ)

B級 BH形

高輝度誘導灯20A形

大形誘導灯(40・35・32形×1タイプ)

高輝度誘導灯20A形

大形誘導灯(40・35・32形×1タイプ)

BL形

高輝度誘導灯20B形

中形誘導灯

高輝度誘導灯20B形

中形誘導灯 大形廊下通路誘導灯(20形×1タイプ)

C級

高輝度誘導灯10形

小形誘導灯

高輝度誘導灯10形

小形誘導灯 中形廊下通路誘導灯(10形×1タイプ)

●高輝度誘導灯の特例処置は不要

【従来】 高輝度誘導灯(※)設置時には所轄消防法の許可が必要
【新】 特例申請が不要

※平成11年の消防法令によって定義された高輝度、小型の誘導灯

●有効範囲

誘導灯等級 有効範囲 単位m
避難口矢印なし 避難口矢印付 通路
A級 60 40 20(40)
B級 30 20 15(30)
C級 15 (※) 10(20)

※避難口誘導灯のうちC級のものについては、方向を示すシンボルの併記は認められていません。